安心野菜を食べるには

安心して口に入れることのできる野菜は、最近ではなかなか難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。世の中は健康志向が高まり、有機野菜、無農薬野菜の需要は高まってきているのに、スーパーではほんの一部を有機野菜コーナーなどにして、その少ない種類の中から選ばない限り、なかなか有機野菜を口にできないということで困っている方もいらっしゃいますね。

 

生産者の顔が見える写真付きの野菜だとしても、無農薬野菜や有機野菜というわけではないので実は、安心して口に入れることができるかといえば、そうでもないのです。そこでここでは、安心して口に入れることのできる野菜はどのように入手すればよいのかについて、ご紹介しています。

 

<有機野菜専門店>

調べてみると、有機野菜、有機農法で作られた野菜や果物だけを扱っている専門店があることに気が付かれている方も多いかもしれませんね。そこでおすすめなのは、自宅近くにそういった有機野菜・無農薬野菜だけを扱っている専門店がないか探してみることです。デパートの食品売り場などでも、手に入れることはできるかと思いますが、若干お値段が高めといえるかもしれません。

 

<有機野菜の宅配>

有機野菜の宅配業者は、複数あることをご存知でしょうか?老舗的業者から、新規で有機野菜宅配業界に入ってきたものまで様々ですが、大抵年会費、預託金などが発生することがほとんど。ここに引っかかる方もいらっしゃるかもしれませんが、野菜の価格暴落といったときに生産者を支える助け合いのためのお金、と考えると、納得できるのでは。農家の人に安心して安心して食べることのできる野菜を食べる上で、大切な仕組みなのですね。お試しコースなど、一度宅配を試すことができるシステムを採用している業者がほとんどですので、まずは一度頼んでみてから決めるのもよいと思います。野菜が余ってしまいそう、という方は、届いた野菜を新鮮なうちに下ごしらえをし、冷凍しておくなどで、おいしく安全な、栄養価の高い野菜を使い切ることもできますよ!

 

 

野菜宅配おすすめ

残留農薬と野菜の栄養素

食に関する意識の高い方は、最近「オーガニック」「有機栽培」の野菜や果物をりようするようになっていませんか?ずいぶん前からオーガニック/有機栽培の野菜や果物は注目されてはいますが、お値段が高いほうが気になってしまって、あまり利用していない、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

最近では、完全無農薬野菜の栄養価の高さなども言われています。そこでここでは、残留農薬について詳しく見ていってみましょう!

 

<残留農薬って何?>

残留農薬、というのは私たちの体に害となる農薬の成分が食品に残った状態になっていることとなります。もちろん、一般的に農作物を作るために、農薬は欠かせないもの。「無農薬野菜」という野菜以外は、農薬を使用することで、野菜や果物に害になる虫や動物から守っているのです。

 

<残留農薬の体への影響>

残留農薬がついた食品を食べ続けると、体の中にどんどん蓄積し、いつか農薬中毒症状が出てしまうといわれています。その症状とは、めまいや、目の充血・痛み、かぶれ、のどの異常な渇き、吐き気、嘔吐、倦怠感、発熱などとなっています。さらに、ちょっと古いデータですが厚生労働省が2000年に行った人口動態統計によれば、農薬による死者が合計917人もいらっしゃったそうです。そう、農薬は命を失うこともあるのですね。さらに精神面でも、

倦怠感・うつ・焦燥・不安感を感じてしまう方もいらっしゃるそうですし、体の小さい人ほど、当たり前のことですが残留農薬の影響は大きくなってしまうといわれています。

 

<残留農薬の落とし方>

水に重曹を2杯入れた水に、野菜を30秒入れるだけでも農薬を落とすことができるのだとか。さらに水2:酢1で作った水でも、残留農薬を効果的に落とすことができるといわれています。

残留農薬は気になるけれど、完全無農薬野菜を購入するのは難しい、という方は、ぜひこの方法を試して、少しでも体内への残留農薬の量を減らす努力をしておきたいものですね。

食品偽装~こんなものまで?

現在、食への不信感が高まっていますが、実際食品偽装されたものにはどのようなものがあるのか、あまりご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ここでは、今までに行われた食品偽装について、ご紹介しています。

 

<過去の食品偽装例>

 

・中国の食品偽装

中国・浙江省温州市で、エビの殻にゼラチンを入れて販売していた業者が。さらに、お米をプラスチックで作ってみたり、亜硝酸塩(防腐剤)を多用する食品加工業者がザラ。中国産を購入する方は、入念にチェックすることをお勧めします。最近では、安徽省の地元紙・新安晩報に掲載された記事の中に、豚肉を牛肉に偽装していたというものが。どのように偽装していたのか、というと、豚肉を牛肉に見せるために発色剤の硝酸やカルミン、牛肉エキスなどの添加物を使用、さらに豚の脚の一部を牛の脚に縫い付けるといった偽装で、一般人には見分けがつきにくい精巧な作りだったとか。

 

・日本の食品偽装

バードカフェのおせち問題から、大手ホテルのリッツカールトンの食品偽装、船場吉兆の食べ残し食品の使いまわし、中国産米を国産米としてイオンに卸していた会社も摘発され、酷かったものはミートホープ社の食品偽装。牛ひき肉に豚肉を混ぜ、色の悪い肉には血液を混ぜ、消費期限が切れた商品にはラベルを貼り変え出荷、腐りかけ悪臭を放っている肉は細切れにして商品に混ぜ…、さらにはパンを肉替わりに混ぜるたり、冷凍肉の解凍に雨水を使用したりと、なかなか心配な内容に!マクドナルドの食品偽装も、記憶に新しいですよね。学校給食には福島産米が偽装されてしまっていたり、岩手育ちの和牛を「神戸牛」にしたり、さらにはBSE(狂牛病)にかかった牛の肉を出荷していたり….。

 

<食品偽装対策>

 

私たちができる食品偽装対策としては、生産者や生産ルートが明確なもの、生産者の顔が見えるものを選んで厳しくチェックしていくことでしょう。どの店なら安全か、どの生産者なら信頼できるのかを、人任せ、店任せにせず自分で確認することが大切でしょう!